スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

web拍手 by FC2


引っ越しました
1年以上更新しておりませんでしたが
長年住み慣れた東京から大阪に転居しました。

身辺がまだバタバタしておりますので
落ち着いたらこっそり再開したいと思います。


A bientot!
| days | comments(0) | trackbacks(0) |

web拍手 by FC2


セレンディピティ
大好きな映画。
前にも観たんですが本日TVで放映していたので
鑑賞&録画しました。

すれ違いがもどかしい〜
客観的にみてるからすれ違ってる!って
わかっても本人にとっては気づかなければ
何の意味もない。
私もそんなすれ違いを繰り返してるのかな
とちょっと妄想してみたり。

でも実際は他の人との結婚式を間際に
控えてたらそこまで大胆な行動を
起こせないだろうなと思います。
でもキュンとなるストーリーはやっぱり素敵☆
何回観てもまた観たくなる映画です。

サラの婚約者役は「SATC」のエイダンを演じた
ジョン・コーベット。なんだか似たような役でした。
あらすじ
12月のニューヨーク。クリスマスの買い物客で賑わうデパートで、偶然同じカシミアの手袋をつかんだジョナサン(ジョン・キューザック)とサラ(ケイト・ベッキンセール)はすぐに惹かれあうが、今の2人はそれぞれに恋人がいる。お互いに特別な何かを感じた2人は、これが運命かどうか確かめることに。しかし偶然は逆方向に働き、ジョナサンはサラの苗字も知らないまま別れてしまう。数年後、結婚を控えたジョナサンはふとサラのことを思い出す。そしてサラもまた、恋人のプロポーズを受けながらもジョナサンとの出会いを思い出していた…。
セレンディピティ - goo 映画


| cinema | comments(0) | trackbacks(1) |

web拍手 by FC2


セーヌの流れに沿って
先日行った丸の内カフェにて開催された
「セーヌの流れに沿って」展のセミナー。
学芸員さんの説明を受けながら美術について
造詣を深めることができたよい機会でした。

そして今回はなんともお得な美術展チケット付。
先週水曜日にブリジストン美術館まで出かけてきました。
丸の内の反対側なので会社帰りにもそのまま
出かけられるし、帰りは東西線で一本で便利。
ゆったりしてて展示作品も多く、一目でこの美術館が
好きになりました。

セーヌを中心に上流から下流へ。
地域に分かれて展示されているのですが
やはりなじみのパリ市内を描いた作品が好きでした。
特に好きなのはパリの夜景を描いた
アルベール=マルケの「ポン・ヌフ夜景」。
近くて観ると結構大胆なタッチなのに
離れて観ると写真のようにもみえてくるから不思議。

丸の内カフェアートサロン
「セーヌの流れに沿って ―印象派と日本人画家たちの旅―」展



ブリジストン美術館
セーヌの流れに沿ってー印象派と日本人画家たちの旅


年間パスも販売していたので次回行くことがあったら
購入も考えてみたいと思います。
| art | comments(0) | trackbacks(0) |

web拍手 by FC2


第11回東京フィルメックス
更新が遅くなりましたが今年も参加してきました。
気になる作品が少なかったのと日程とお財布事情の関係で
今年は2作品のみ。

11/20「愛が訪れる時」
台湾の都会に生きる一家
最初は両親姉妹、祖父と伯母と叔父の物語なのだと
思っていました。
少女の妊娠をきっかけに生と死と、そして
家族の公然の秘密がだんだんわかってきて
とても印象強い作品でした。
台湾語がまたよかった。
若い子たちが國語を話しているのも現代の台湾。
冒頭とラストがリンクしているのがまたよろしい。
でも産まれるの早すぎじゃね?という思いは消えず。

11/28 「幻の薔薇」
今年のアモス・ギタイ監督最新作。
最近の作品なのに舞台が数十年前だからか
モダンな雰囲気があふれる作品でした。
幸せを夢見る女性の幸福にも不幸な物語。
きっとそういう過渡期の時代だったんだと思うけれど
あれからどうなったのだろう。
ラストがその時代なのか現代なのか不思議な感覚に。
そうか、パリの街並みはもうずっと同じ形で
時を刻んでるんだなとはっとしました。





第11回東京フィルメックス

毎回通訳されてる男性、英語とフランス語を操ってて
すごいなぁと思っていたら映画監督の藤原敏史さんでした。
藤原さんのブログ 「別無工夫」日記
| cinema | comments(0) | trackbacks(0) |

web拍手 by FC2


文化庁第8回国際文化フォーラム
たまたま目にした告知だったのですが
せっかくの機会なので
東京セッション「東アジアにおける文化の多様性」
申し込んでみました。

こういうセミナー結構好きです。
北京で昔1回だけ同時通訳を生でみて
興奮したことを思い出しました。

ほんとは奈良セッションが激しく気になるんですがー。

☆追記☆
ACEANの議長の講演が聞けたりなかなか有意義な
セミナーでした。同時通訳体験もまた日頃のなまった
語学力アップに役立ちました。
でもやっぱり日本人の話す中国語は慣れてなくて
理解しづらく。その人の癖ってすごく出るなと思いました。
私ももう一度がんばらなくちゃ、とモチベーションの
上がった一日でした。
文化庁 国際文化フォーラム
| event | comments(0) | trackbacks(0) |

web拍手 by FC2



12345>|next>>


charlotte gainsbourg
☆2010.10.26 憧れのシャルロットに会えました☆



* Profile *

 
* Categories *


* Archives *
                

        


* New Entries *
* Comments *
* Message *


      気軽に書き込んでください♪
* Links *





blogram投票ボタン