スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

web拍手 by FC2


ジュ・テーム・モア・ノン・プリュ
新宿武蔵野館でのレイトショー。
とっても小さな映画館でお客さんの人数も10人足らず。
ドキドキしながら観てきました。

最初はやはり年代を感じさせる雰囲気。
ゲイカップルもそんなにかっこよくない。
詳しい背景もなく訳のわからない状況で
進んでいくのですが、ジェーン・バーキン扮する
ジョニーが登場してから突然キュートに☆
そしてクラスキーもだんだんかっこよく見えてくるから
不思議。これがバーキン様の魅力なんでしょう。

愛するがゆえの苦しみ、突然の終わり。
30数年前に一大センセーショナルを巻き起こしたのも
納得できるくらいの激しく一途な作品でした。

映画館でポスター(500円)を購入。
そしてDVDも予約注文したのでした。


あらすじ
廃品運搬の仕事で暮らしを立てるゲイのカップル、クラスキー(ジョー・ダレッサンドロ)とパドヴァン(ユーグ・ケステル)。ある日、二人は立ち寄ったバーで、ボーイッシュな少女ジョニー(ジェーン・バーキン)と出会う。やがてクラスキーとジョニーの間には恋心が芽生えるが、そんな二人に嫉妬(しっと)したパドヴァンは……。
シネマトゥデイ


| cinema | comments(0) | trackbacks(0) |

web拍手 by FC2


スポンサーサイト
| - | - | - |

web拍手 by FC2


Comment









Trackback




charlotte gainsbourg
☆2010.10.26 憧れのシャルロットに会えました☆



* Profile *

 
* Categories *


* Archives *
                

        


* New Entries *
* Comments *
* Message *


      気軽に書き込んでください♪
* Links *





blogram投票ボタン