スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

web拍手 by FC2


コールドストーン 丸ビル店
続いてはコールドストーンへ。
随分前から話題になっているのに、
実は行くのは初めて。空いてました。
インフルエンザの影響で歌はなし。
もっといっぱい混ぜてくれるのかと思ったら
案外さくっと終わりました。

でも味は美味しくて満足。
ちょっと高いけど、贅沢したい時に
また行きたいと思います。
今度はホワイトチョコをトッピングしたい!


コールドストーン 丸ビル店
東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディングB1F
11:00〜21:00
日・祝のみ〜20:00
food map by 520
| gourmet | comments(0) | trackbacks(0) |

web拍手 by FC2


WeST PArK CaFE Marunouchi
移転後初のグルメ記事です。

友人と丸ビルのWeST PArK CaFE Marunouchiに
行ってきました。

お得なバーガーセットにベーコンとアボカドを
トッピング。お肉の焼き方も選べて、私は
ミディアムレアにしました。
ベーコンがカリカリで好きな感じ。
特にパティが美味しかったです。

特別なサービスは全くないしお昼の時間なのに
10%のテーブルチャージが取られたのが
ちょっとマイナスの印象。。。




WeST PArK CaFE Marunouchi
東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング5F
月〜土 11:00〜23:00
日・祝 11:00〜22:00
food map by 520

ウエストパーク・カフェ 丸の内店 (カフェ / 東京、二重橋前、大手町)★★★☆☆ 3.0

| gourmet | comments(0) | trackbacks(0) |

web拍手 by FC2


フローズン・タイム
予想と結構違っていた作品。
映像がとにかくきれいで芸術作品を見ているようでした。
その割にストーリーもなかなかで、きれいな青春映画。
失恋による不眠症がエスカレートして時間を止められる
ようになるという発想が面白いと思いました。
確かに寝てないと独特のぼーっとした感がでてくるので
そんな感覚の中の出来事なのかなぁとも思ったり。

シャロン役のエミリア・フォックス、
最初はあまりにも老けてるなぁ思ってたんですが
主人公ベンが恋に落ちるスローモーションのシーンと
パーティーのシーンがめちゃくちゃかわいい!!
あらすじ
画家を目指す美大生のベンは失恋の痛手から不眠症に悩まされていた。どうせ眠れないのならとスーパーマーケットの夜間スタッフのアルバイトを始めるが、不眠続きで朦朧とするベンの周りで突然すべてが静止してしまう。買い物中にフリーズしたままの女性たちを丹念に観察して夢中でデッサンを重ねて行くベン。たった1人で時間の止まった世界に遊びながら、同僚の女性・シャロンの美しさに初めて気づくのだった。
フローズン・タイム - goo 映画


| cinema | comments(0) | trackbacks(1) |

web拍手 by FC2


DISCO
意外と大物が出ている映画。
大人の青春ドラマというかだめだめオヤジが
一念発起してやる気を出しちゃう・・・
というよくある話ではあったのですが、けっこう
周りのキャラクターが面白かったです。
あくの強いキャラの中でエマニュエル・ベアールの
華奢な感じがまた良くて。

最後のディスコシーンは素敵。
ディスコ音楽って聴いてると無性に踊りたくなる
のはなぜでしょう。
気づいたらちょっと踊ってました。


あらすじ
かつてはダンスフロアを席捲していたディディエは、今や中年に差しかかった40歳。仕事も家庭もままならず、妻は息子を連れてイギリスへ。一緒に住む母親からも小言を言われてばかり。そんなある日、かつて賑わいを見せていた街のクラブが、昔の活気を取り戻そうとディスコダンスのコンテストを開催することに。優勝賞品はなんとオーストラリア旅行。オーナーのジャクソンから声をかけられたディディエは、かつての仲間を誘って…。
DISCO ディスコ - goo 映画


| cinema | comments(0) | trackbacks(1) |

web拍手 by FC2


地上5センチの恋心
大人のかわいいラブストーリーでした。
平凡なシングルマザーが自分の住んでいる街で
開催されたサイン会で大好きな作家にファンレターを
渡したことで恋が始まります。

恋してるときって心もウキウキ。
うっとり浮かんでしまう気持ちも分かる分かる。

最初は緊張で名前が言えなくて泣いたり、
音楽を聴きながらグラスを指ではじいて
鳴らしたり、かわいいシーンが多かったです。
オデットの家、小さくて生活感あふれた部屋
だったのですが、かわいくてかわいくて。
あんな部屋に住みたいなと思いました。

あらすじ
10年前に夫を亡くしたオデット(カトリーヌ・フロ)は、女手一つで息子(ファブリス・ミュルジア)と娘(ニナ・ドレック)を育ててきた。昼間は百貨店勤務、夜は羽飾りの内職で忙しい彼女の唯一の楽しみは大ファンの作家バルタザール(アルベール・デュポンテル)の小説を読むこと。ある日、彼女はあこがれの作家のサイン会に出かけるが……。
シネマトゥデイ


| cinema | comments(0) | trackbacks(1) |

web拍手 by FC2



<<back|<1011121314151617>|next>>


charlotte gainsbourg
☆2010.10.26 憧れのシャルロットに会えました☆



* Profile *

 
* Categories *


* Archives *
                

        


* New Entries *
* Comments *
* Message *


      気軽に書き込んでください♪
* Links *





blogram投票ボタン