スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

web拍手 by FC2


第11回 NHKアジア・フィルム・フェスティバル
毎年楽しみにしている小さな映画イベント、
NHKアジア・フィルム・フェスティバルの詳細が
今年も出ました。

今年はなんと!阿牛の監督出演作品が。
「アイス・カチャンは恋の味」 
阿牛は童顔なのにシブい声が結構好きで。
マルチな人とは思ってましたが、映画まで作ってるとは。
「監督・出演者のQ&Aはありません」とありますが
是非是非来日してほしいです。
もう1作品、「冬休みの情景」のチケットも買いました♪

しかし、、、年々規模が縮小しているような。。。
小ぶりではありますが、数年前の半分になってるような
印象が残りました。


そしてもう一つ、イベント関係の残念なおしらせが。
去年もそうでしたが、TAMライブ、名称も変わり
アニソンライブだけになってしまったようです。
今後のアジアライブは期待できなくなりました。
毎年の楽しみだったのに残念です。。。


〜追記〜
映画鑑賞してきました!
「冬休みの情景」は想像と違ってシュールな笑い。
退屈な日常なんだけどたまにでてくる台詞が絶妙で。
アバンギャルドな中国現代美術を思い出しました。

「アイスカチャンは恋の味」は台湾で活躍する
マレーシア華人が続々と登場。好きな品冠も
梁静茹も出てる!とにかく阿牛の演技と
柱の影具合がキュンキュンでよい作品だったと思います。
NHKアジア・フィルム・フェスティバル

| cinema | comments(0) | trackbacks(0) |

web拍手 by FC2


Charlotte Gainsbourg JAPAN TOUR 2010 東京公演
とうとうこの日がやってきました。
シャルロット・ゲンズブールの来日公演。
東京大阪2公演のうち、まずは東京。

本日は7列目、なかなかの良席です。
開演予定から遅れること10分ほど、
他アーティストと一緒にシャルロットが登場!!!

もーかっこいい!!
黒のジャケットに白のTシャツ(かな)
細身のパンツ、立ってるだけでかっこいい!
登場だけで涙がじわ〜〜〜っと。
トークはほとんどなく曲の合間に短いフランス語。
なんて言ってるかは全然分かりませんでしたが、
シャルロットのフラ語〜!!とまた興奮。
ずっと歌い続けてるのに声も息も乱れてなくて
素敵な歌声を届けてくれました♪
最初がおとなしい曲からだったからかもしれないけど
ずっと座ったままの鑑賞でした。大阪はライブ形式
なのでもう少しノリノリでいけるかなと期待。
ブロンドの女の子アーティストも気になりました。

アンコールでも自然に目がウルウル。
田舎の少女時代、中1か中2の頃
ロードショーを読むのが好きでした。
そしていつの間にか好きになってた女優さん。
あの頃部屋にはポスターだらけで、何も知らない
うちの母も彼女の名前は知っています。
レンタルビデオ屋も近所になくて
大阪の親戚に頼んで入手してもらった
「小さな泥棒」のビデオテープ。
毎月買う映画雑誌だけが全てて
それを何度も読み返してたあの頃。
そんなあの頃の私が十数年を経て
今東京にいる私によみがえり、感涙。
私たちに会いに来てくれてありがとう!
素直にそう思いました。

次は大阪!





本日はコンサート前にオフ会。
お久しぶりの皆様も始めましての皆様も
オーバカナルで集合してお茶とお食事。
楽しい時間を過ごせました。

ありがとうございました☆


伊藤なつみさんによるライブレポート
写真がきれいです。
| my star☆ | comments(2) | trackbacks(0) |

web拍手 by FC2


レイチェルの結婚
脱麻薬リハビリ中の妹が姉の結婚式のために
施設を退院して家族の元に戻ってきます。
表面的には仲のいい父娘、姉妹だけれども
実際は機能不全のような雰囲気。

映画の中盤からだんだん家族それぞれの
心の奥に隠されている感情がみえてくるのですが
妹も姉も父も母もそれぞれの気持ちが痛いほど
描かれています。過去は消せないけれど
本気で感情をぶつけあうことで少しだけ
救われたと思いたいです。

ホームビデオをみているような
ひとつの家族にぴったり寄り添った映画だった
と思います。


あらすじ
姉の結婚式を二日後に控えたある日、キム・バックマン(アン・ハサウェイ)はある施設を退院する。迎えに来た父ポール(ビル・アーウィン)と継母キャロル(アンナ・ディーヴァー・スミス)が彼女をコネチカット州の自宅へ連れて帰ると、そこは姉レイチェル(ローズマリー・デウィット)の結婚式の準備でおおわらわ。実は、キムが入院していたのは麻薬中毒の治療施設。ピリピリしたキムの帰宅は、華やいだ空気を一変させる。
レイチェルの結婚 - goo 映画




| cinema | comments(0) | trackbacks(1) |

web拍手 by FC2


靴に恋して
なんとなくSATCのキャリーのようなオシャレな
女性が登場するのかなと思っていたら、意外や意外
かなり重い女性たちの話でした。結構ドロドロかも。
5人の女性が登場、靴ももちろんキーワードではありますが
もっともっと女性の生き方、対人関係など描かれている
人間ドラマでした。またまた女性って強い!って
感じさせられる作品でした。
登場人物がひょんなところで繋がっているのが面白い。

女優の中でも、気になったのがナイワ・ニムリ。
あ、この人どこかで観たことがある!と思ったら
「ルシアとSEX」にでてました。
明るい髪の色と大きな目が魅力的な女優さんです。
あらすじ
靴デザイナーを夢見ながらも自分を見失い、盗んだ靴で毎夜踊るレイレ(ナイワ・ニムリ)。そんな彼女に失望した恋人は去っていった。知的障害者の娘と2人で暮らすアデラ(アントニア・サン・ファン)はクラブ経営者。ある日、客の1人からデートに誘われる。
シネマトゥデイ



| cinema | comments(0) | trackbacks(1) |

web拍手 by FC2


三菱が夢見た美術館
会社で招待券をもらったので三菱一号館で開催中の
「三菱が夢見た美術館」を観に行ってきました。

昔の洋館が再現されており、その中にある美術館。
丸の内のオフィスビルの並ぶ一角にあります。
会社から徒歩数分なので会社帰りにプチ美術散策。
2階に渡る小部屋に作品が数点ずつ展示されており、
お屋敷に招待されている気分。
作品のジャンルも多岐にわたっており楽しめました。


しかし、構造上なのか足音と話し声が響く響く。
コツコツいう音や笑い声(これは構造とは関係ない
マナーの問題ですが)が響いてきて、あまり集中できず。
美術館としてやっていくのであれば、やはり絨毯など
敷いて環境を整えて欲しいなぁと思いました。
混んでおらずゆっくりできる時間帯だったので
余計残念でした〜



公式サイト


ショップではポストカードを購入。
パリグッズにはやっぱり手が出てしまいます。
| art | comments(0) | trackbacks(0) |

昨年の記事 web拍手 by FC2



<<back|<1234567>|next>>


charlotte gainsbourg
☆2010.10.26 憧れのシャルロットに会えました☆



* Profile *

 
* Categories *


* Archives *
                

        


* New Entries *
* Comments *
* Message *


      気軽に書き込んでください♪
* Links *





blogram投票ボタン