スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

web拍手 by FC2


パラノーマル・アクティビティ
公開前から楽しみにしていた作品。
やっと観に行ってきました。

日中シーンと夜の定点撮影のシーン。
夜の寝室で起こる怪奇はもちろん、
日中でもだんだんと忍び寄る恐怖。
なかなか上手だと思いました。

霊的なものというよりは悪魔寄り。
アメリカではこの手のネタは
馴染み深いのかなと思ったり。

来る来る!っていう怖さと
バーン!という衝撃。
映画館前方で一人楽しんできました。

あらすじ
平凡な一軒家で幸せに暮らす若いカップル。しかし毎晩寝付いた後に家の様子がいつもと変わっていることに気づく。自分たちの家に起こっている“何か”を確認するため、彼らは生活の一部始終をビデオカメラで撮影することにする。真夜中、2人が眠りについた後、何が起きているのか。ビデオには衝撃の映像が映っていた…。
パラノーマル・アクティビティ - goo 映画



| cinema | comments(0) | trackbacks(1) |

web拍手 by FC2


SEX and the CITY
ドラマ版を観終わるまでずっと我慢していた作品。
ドラマは1話も欠かさず観ただけあって映画にもすんなり
入れました。

NYを舞台にゴージャスゴージャス。
みんなそれぞれ成功して、強く生きる女性ですが
友情とか恋愛の悩みとかは全て私たちと同じ。
都市や設定は大幅に違うけれど、私が東京で友人たちと
わいわい食事に出かけるのとあまり変わらないのかも。
そんな風に素敵に思わせてくれるところが
この作品の人気なのかもしれないなと思いました。

今回はキャリーとビッグの話はあまり多くなかったような。
ウエディングドレスがあんなに早く登場するなんて!

あらすじ
今や作家として成功したキャリー(サラ・ジェシカ・パーカー)は、ビッグ(クリス・ノース)との関係も順調な中、25歳の若いルイーズ(ジェニファー・ハドソン)を助手として雇うことに。一方、俳優の恋人スミス(ジェイソン・ルイス)とともにロサンゼルスに住むサマンサ(キム・キャトラル)は、ニューヨークの暮らしを恋しく感じていた。
シネマトゥデイ


| cinema | comments(0) | trackbacks(1) |

web拍手 by FC2


アバター
記念すべき2010年1本目の映画はアバター。
サービスデーだったからか元旦だったからなのか
人が多くてなかなか入場できませんでした。

3Dメガネを渡されたらテンションマックス。
期待通りすごいスケールの大きな感動大作でした。

ひとつ気になったのが、目の前の映像は確かに
立体感があって楽しめたのですがメガネの遮光性
からか本来のきれいな明るさが減っていたところ。
映像のきれいさを楽しみたければ3Dじゃない方が
よいのかな〜と。



あらすじ
元海兵隊員のジェイクは、遥か彼方の衛星パンドラで実行される“アバター・プログラム”への参加を要請された。パンドラの住人と人間の遺伝子から造られた肉体に意識を送り込むことで、息をのむほどに美しいその星に入り込むことができるのだ。そこで様ざまな発見と思いがけない愛を経験した彼は、やがて一つの文明を救うための戦いに身を投じていく…。
アバター 3D - goo 映画


| cinema | comments(0) | trackbacks(3) |

web拍手 by FC2


イングロリアス・バスターズ
タランティーノ新作「イングロリアス・バスターズ」
の詳細がでてきました!
公式サイトがオープンされ、早速Trailerをみてきた
のですが、かなり面白そうです。
普段前売券は買わないのですが、今回は
女の子フィギュアの方を買う予定です。




≪2009.12.22追記≫
引越し等で延ばし延ばしになってましたが
とうとう観てきました!QTらしく目を覆いたくなる
ような描写もところどころありましたが
勢いがあってあっという間に終了してしまいました。
キャラクターの際立ち方はやはりQT!!満足です。
DVDも買わなくちゃ〜
あらすじ
ナチス占領下のフランス。家族を殺された少女・ショーシャナ(メラニー・ロラン)は、劇場の支配人として身分を隠しながらナチスを根絶やしにする壮大な復讐計画を進める。時を同じくして、アルド・レイン中尉(ブラッド・ピット)率いるユダヤ系アメリカ人兵士の特殊部隊が、各地でナチスを次々と始末していた。その残虐な手口から“バスターズ”と呼ばれ恐れられる彼らは、ドイツ人女優になりすました英国スパイと共に打倒ナチスの極秘ミッションに参加する。周到な復讐計画を進める少女・ショーシャナと、ナチスを片っ端から始末するバスターズ。それぞれの作戦は、ショーシャナの経営する劇場で開催されるヒトラー総統を招いたナチのプロパガンダ映画のプレミア上映会で交錯する・・・。
eigafan.com

イングロリアス・バスターズ 公式サイト
2009年11月20日公開
| cinema | comments(2) | trackbacks(1) |

web拍手 by FC2


第10回東京フィルメックス
今年のフィルメックスで
鑑賞した作品はこの3作品。

「北京陳情村の人々」
地方から陳情を抱えて北京に集まった人々を
数年にわたって追いかけたドキュメンタリー。
訴えるだけで目をつけられ追い立てられる人々。
自分の求める正義のために貫くことは大切ですが
そのために生活もままならないのは見ていて
本当にきつかったです。
どうすることもできないですが、正義を信じて
戦う日々がいつかよい方向に向かいますように、
と思いました。

「カルメル」
毎年恒例となってきたアモス・ギダイ監督の作品。
この作品もまたスケールの大きいものでした。
今回も難しかった!
ジャンヌ・モローのナレーションも魅力の一つ。
監督本人のティーチインも勉強になりました。

「春風沈酔の夜」
ロウ・イエ監督の作品は今回が初めてでしたが
なかなか過激な内容でした。こんなにすぐ恋に落ちてしまう
ものなのか・・・というのはさておき、ストーリーは
結構展開が早く、悲しくも情熱的、刹那的。
面白かったと思います。
別日程でトークイベントにも参加してきました。

「セルアウト!」
一番楽しみにしてたのに、日程を間違えてしまって
鑑賞できず。残念でした。。。




| cinema | comments(0) | trackbacks(0) |

web拍手 by FC2


第22回東京国際映画祭
今年は3作品を鑑賞しました。

タレンタイム
非常にいい作品でした。
ヤスミン監督ならではの民族間の重いテーマは
相変わらずですが、さわやかな恋あり、笑えるひとコマあり
マレーシアに飛んでいきたくなるような作品でした。
台詞も多いけれど、人物が背景までしっかり描かれていて
スピンオフでこの作品からまた別の物語ができてくるのかな
とわくわくしたかったのですが、残念ながら監督は先日
急逝してしまいました。
どこかで見た顔!と思っていたら今までの作品と重複した
俳優さんが多く出演されているようですね。
アサネギシさんのブログが詳しいです)
音楽もとっても素敵と思っていたらまたまたこの方、
ピートテオ。マレーシアの音楽・映画には欠かせない
マルチな方です。

REC2
前作に引き続きかなりのホラーぶりでした。
どーんという衝撃とありえない結末にドキドキしながら
観た映画の続編。この映画祭で一足先に観てきました。
宗教的な意味合いがぐっと強くなり前作よりも精神的に
じわじわきます。なんともやるせない結末は前回と同じ。
楽しめました☆

「REC2」が終わって出たところに
「青い館」のグレン・ゴーイ監督たちが。
便乗して写真撮っちゃいました。
デジカメ忘れて携帯で残念。

小さな山のまわりで
先日来日したジェーンバーキンの主演作品ということで
楽しみにして見にいきました。ちょうど旅行の初日で
休みを取っていたので運よく観ることができました。
しんみりした話かと思えば結構コメディチックなところもあり
さらっと観ることができました。
淡々とそして飄々と流れる時間が心地よかったです。




| cinema | comments(0) | trackbacks(0) |

web拍手 by FC2


15MALAYSIA
マレーシアの監督たちが製作した短編作品が
ネットで公開されています。
今回もピート・テオがプロデュースしています。

最近のマレーシアってこういう活動が多くて
まだ行ったことがないけれど、活気のある国
なんだろうなと思います。

早速先日惜しまれながら急逝した
ヤスミン・アーマッド監督の作品を観てみました。
彼女の長編作品と通ずる雰囲気があって
懐かしく暖かいそれでいて少し息苦しいような
私が小さかった頃の夏の日を思い出しました。

15MALAYSIA

| cinema | comments(0) | trackbacks(0) |

web拍手 by FC2


フローズン・タイム
予想と結構違っていた作品。
映像がとにかくきれいで芸術作品を見ているようでした。
その割にストーリーもなかなかで、きれいな青春映画。
失恋による不眠症がエスカレートして時間を止められる
ようになるという発想が面白いと思いました。
確かに寝てないと独特のぼーっとした感がでてくるので
そんな感覚の中の出来事なのかなぁとも思ったり。

シャロン役のエミリア・フォックス、
最初はあまりにも老けてるなぁ思ってたんですが
主人公ベンが恋に落ちるスローモーションのシーンと
パーティーのシーンがめちゃくちゃかわいい!!
あらすじ
画家を目指す美大生のベンは失恋の痛手から不眠症に悩まされていた。どうせ眠れないのならとスーパーマーケットの夜間スタッフのアルバイトを始めるが、不眠続きで朦朧とするベンの周りで突然すべてが静止してしまう。買い物中にフリーズしたままの女性たちを丹念に観察して夢中でデッサンを重ねて行くベン。たった1人で時間の止まった世界に遊びながら、同僚の女性・シャロンの美しさに初めて気づくのだった。
フローズン・タイム - goo 映画


| cinema | comments(0) | trackbacks(1) |

web拍手 by FC2


DISCO
意外と大物が出ている映画。
大人の青春ドラマというかだめだめオヤジが
一念発起してやる気を出しちゃう・・・
というよくある話ではあったのですが、けっこう
周りのキャラクターが面白かったです。
あくの強いキャラの中でエマニュエル・ベアールの
華奢な感じがまた良くて。

最後のディスコシーンは素敵。
ディスコ音楽って聴いてると無性に踊りたくなる
のはなぜでしょう。
気づいたらちょっと踊ってました。


あらすじ
かつてはダンスフロアを席捲していたディディエは、今や中年に差しかかった40歳。仕事も家庭もままならず、妻は息子を連れてイギリスへ。一緒に住む母親からも小言を言われてばかり。そんなある日、かつて賑わいを見せていた街のクラブが、昔の活気を取り戻そうとディスコダンスのコンテストを開催することに。優勝賞品はなんとオーストラリア旅行。オーナーのジャクソンから声をかけられたディディエは、かつての仲間を誘って…。
DISCO ディスコ - goo 映画


| cinema | comments(0) | trackbacks(1) |

web拍手 by FC2


地上5センチの恋心
大人のかわいいラブストーリーでした。
平凡なシングルマザーが自分の住んでいる街で
開催されたサイン会で大好きな作家にファンレターを
渡したことで恋が始まります。

恋してるときって心もウキウキ。
うっとり浮かんでしまう気持ちも分かる分かる。

最初は緊張で名前が言えなくて泣いたり、
音楽を聴きながらグラスを指ではじいて
鳴らしたり、かわいいシーンが多かったです。
オデットの家、小さくて生活感あふれた部屋
だったのですが、かわいくてかわいくて。
あんな部屋に住みたいなと思いました。

あらすじ
10年前に夫を亡くしたオデット(カトリーヌ・フロ)は、女手一つで息子(ファブリス・ミュルジア)と娘(ニナ・ドレック)を育ててきた。昼間は百貨店勤務、夜は羽飾りの内職で忙しい彼女の唯一の楽しみは大ファンの作家バルタザール(アルベール・デュポンテル)の小説を読むこと。ある日、彼女はあこがれの作家のサイン会に出かけるが……。
シネマトゥデイ


| cinema | comments(0) | trackbacks(1) |

web拍手 by FC2



<<back|<1234>|next>>


charlotte gainsbourg
☆2010.10.26 憧れのシャルロットに会えました☆



* Profile *

 
* Categories *


* Archives *
                

        


* New Entries *
* Comments *
* Message *


      気軽に書き込んでください♪
* Links *





blogram投票ボタン